★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 俳優の佐藤浩市さんと渡辺謙さんが4月17日、東京都内で行われた映画「Fukushima 50(フクシマフィフティ)」(若松節朗監督、2020年公開)のクランクアップ記者会見に登場した。映画は、東京電力福島第1原発事故を追った、ジャーナリストの門田隆将さんによるノンフィクション「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」(角川文庫)がを実写化。佐藤さんと渡辺さんの映画共演は「許されざる者」(13年)以来で、佐藤さんは福島第1原発1、2号機当直長の伊崎利夫、渡辺さんは福島第1原発所長の吉田昌郎を演じる。

 2011年3月11日に東日本大震災が発生。巨大津波に襲われた福島第1原発は、外部電源を喪失したことで原子炉の冷却が不可能となり、原子炉建屋が次々に水素爆発を起こす。メルトダウンの危機が迫る中、1、2号機当直長の伊崎は第一線で厳しい決断を迫られ、吉田所長は現場の指揮を執りつつ、現場の状況を把握していない本社とのやりとりに奔走。映画では、死を覚悟して現場に残り続けた約50人の作業員“Fukushima 50”が、未曽有の大事故と闘い続けた姿を描く。

 「沈まぬ太陽」(09年)などの若松監督がメガホンをとり、NHKの大河ドラマ「軍師官兵衛」の前川洋一さんが脚本を担当。製作代表は角川歴彦さんが務める。

おすすめの記事