★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 放送中の連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」(日本テレビ系)で主演を務める俳優の古田新太さんが5月13日、東京都内で行われた劇団☆新感線の旗揚げ39周年記念公演「いのうえ歌舞伎《亞》alternative『けむりの軍団』」の製作発表記者会見に出席した。今年で劇団生活35年目となるが、「いまだに僕がやりたいお芝居に手が届いていないまま、35年経っちゃった」とストイックな一面を見せた。

 今回の舞台について「とりえあず、代表作になればいいなあと。いつも僕は『代表作は次回作です』と言っています」と笑顔を浮かべ、「(早乙女)太一くんとか、(須賀)健太くんとかは付き合いは長いけれど、舞台では初めてなので。『舞台にコンプライアンスはない』と教えていきたいです」と若い世代との共演に期待を膨らませた。

 「けむりの軍団」は、戦国時代の真っただ中を舞台に、頭の切れる軍配士の真中十兵衛(古田さん)と、ずる賢い謎の浪人の美山輝親(池田成志さん)が、ひょんなことから嫁ぎ先から逃げ出したお姫様(清野菜名さん)を実家に送り届けるはめになり、巻き起こる珍道中を描く。会見には、早乙女太一さん、清野さん、須賀健太さん、高田聖子さん、粟根まことさん、池田さん、演出のいのうえひでのりさん、脚本の倉持裕さんも出席した。

 「2019年劇団☆新感線39興行・夏秋公演 いのうえ歌舞伎《亞》alternative『けむりの軍団』」は、7月15日から8月24日まで東京・TBS赤坂ACTシアター、9月6日から23日まで福岡・博多座、10月8日から21日まで大阪・フェスティバルホールで上演される。

おすすめの記事