★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 俳優の中村倫也さんが5月16日、東京・恵比寿ガーデンプレイスで開かれたディズニーの人気長編アニメーションを実写化した映画「アラジン」(ガイ・リッチー監督、6月7日公開)の「マジック・カーペットイベント」に登場した。来日したジーニー役のウィル・スミスさん、作曲家のアラン・メンケンさんも出席し、メンケンさんが「ホール・ニュー・ワールド」「フレンド・ライク・ミー」をピアノ演奏すると、当初は登場予定のなかったスミスさんがサプライズで歌を披露。その様子を見た中村さんは「恵比寿がこんなにはしゃいだ夜はないんじゃないですか。日本のファンのためにこれだけしてくれるアランとウィルは、みんなにとって最高の“友達”と言っていいのでは」と興奮気味に語った。

 イベントには、日本語吹き替えキャストの木下晴香さん、山寺宏一さん、北村一輝さんも登場。スミスさんから「違う言語で声をやっていただいた方とお会いできるのは珍しいこと。今日お会いして最高ですし、2人とも共通点はハンサムなこと」と言われた山寺さんは、「僕もそう思います!」と満面の笑みで同意し、観客の笑いを誘っていた。

 スミスさんは、今作について「この映画には、人々を幸せにできるという魔法があるので、アランが書いた素晴らしい音楽や、いろいろなテーマが世界中に広がっていくと思う。歌と踊り、演技、ラップ、ドラマ、コメディー、アクションすべてが含まれている。素晴らしく美しい映画になったことが誇り」と作品の出来に自信をのぞかせていた。

 「アラジン」は、人生を変えるチャンスを待つ青年アラジンと、新しい世界に飛び出したい王女ジャスミンの身分違いのロマンスと、三つの願いをかなえる魔法のランプを巡る冒険を描いた物語。アニメーション映画が1993年に日本で公開された。実写映画では、アラジンをメナ・マスードさん、ジャスミンをナオミ・スコットさん、ランプの魔人・ジーニーをスミスさんが演じている。

おすすめの記事