★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 2018年10~12月に放送された連続ドラマ「中学聖日記」(TBS系)で有村架純さん演じる主人公に恋をする中学生、黒岩晶を演じて話題となった岡田健史さんが20歳の誕生日を迎えた5月12日、初めてのファンミーティングを前に東京都内で取材に応じた。岡田さんは「本当に責任が増えてくると思いますし、1年前に事務所に所属した時の気持ちを忘れず、初心を忘れずに二十歳の句切りで気を引き締めていこうと思っとうよ」と、ぎこちない博多弁で、20歳の抱負を語っていた。

 話題となった「中学聖日記」について、改めて聞かれ「たくさんの人から、いろんな声を届けてもらいました。見てくれているんだなというのが分かったので、うれしかったです」と回顧。「自分の人生としても、役者の人生においても、すごく大きな時間でした。役者としていろんなことを学ばせてもらったし、自分自身も大きな分岐点だった、野球をやるか、役者をやるかという決意もあったので、4カ月間すてきなスタッフ、キャストの中で、黒岩晶という男の子の人生を生きる機会は、大切だったと思います」と語っていた。

 今後の目標は「唯一無二の役者になりたいです。自分自身でしか表現できない表情や声の出し方、仕草などを、どんどん増やしていって、おじいちゃんになっても、どんな役になっても、岡田健史の作品を見たいって言ってもらえる俳優になりたいです」と力強く語っていた。

 イベントは一日3回行われ、約4000人が来場予定。「まだ1作品しか出ていない自分が、大きな会場で大勢のファンと出会うのは楽しみですし、20歳の誕生日に(イベントが)できて、光栄に思います」と笑顔を見せていた。

おすすめの記事