★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 吉本新喜劇は3月に発足60周年を迎えたのを記念して、「吉本新喜劇ワールドツアー~60周年 それがどうした!~」を全国47都道府県で展開。さらに中国・タイ・シンガポール・インドネシア・マレーシアなど世界進出を予定している。座長の小籔千豊さんがツアー中の手応えを語った。

 吉本新喜劇は1959年3月1日、当時のうめだ花月劇場のオープンと共に誕生した。現在、内場勝則さんと辻本茂雄さんのベテラン座長に加え、小籔さんとすっちーさん、川畑泰史さん、酒井藍さんの若手座長の6座長が110人の劇団員を率いている。

 今年3月に60周年を迎えたのを記念して、全国47都道府県を巡るワールドツアーをスタートさせた。3班体制で全47都道府県を巡り、14万人の動員を目指している。10月からは中国・タイ・シンガポールなど世界へも進出する予定。

おすすめの記事