★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 女優の池田エライザさんが5月9日、東京都内で行われホラー映画「貞子」(中田秀夫監督、5月24日公開)完成披露試写会イベントに出席。ホラーが苦手という池田さんは「リング」シリーズの最新作で主演を務めた。オファー時を振り返り「すぐに台本を読んで返事しないといけないのに怖くて読み終わるのに2、3日かかった。ただ怖いだけでなくて、いままでのリングと一味違う幽霊模様、人間模様が描かれていて勇気を出して挑戦してみた」と出演までの覚悟を語った。

 中田監督が過去に手がけた「リング」の影響で「地方のホテルに泊まったとき、テレビに布をかけるくらいブラウン管が怖かった」という池田さん。新境地での役作りを聞かれると「びっくりするお芝居は演技でやるのはすごく難しくて。技術的なことは通用しないので、本当にメンタルを詰めないとな、と思って」と回答。すると共演した塚本高史さんは「追い込んでいるのは現場でも伝わってきた」と感心していた。

 また、「リング」「リング2」に出演し、今回約20年ぶりにシリーズに出演した佐藤仁美さんは「そういうえば私、生きていたんだって」と笑い、「最初の作品に出たときは18歳だったので正確にいうと22年前。何十年後に同じ役をやるなんて今後ないだろうなあ……」としみじみしていた。

 同作は「リング」シリーズの最新作。病院で心理カウンセラーとして働く茉優(池田さん)が警察によって保護された一人の少女を担当。一切の記憶をなくし、自分の名前すら言えない少女と向き合う茉優だったが、次第に彼女の周りで奇妙な出来事が起こり始める……というストーリー。完成披露試写会には清水尋也さん、姫嶋ひめかさんも登場した。

おすすめの記事