今田美桜が、日本語吹替版声優を務めた映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』の初日舞台あいさつに登壇。
声優初挑戦の苦労や、日本代表として作中にカメを出演を果たしたエピソードについて明かした。

〜見どころ〜
地球に潜む宇宙人を監視するエージェントたちの活躍を描いた『メン・イン・ブラック』シリーズの第4弾。敏腕だがいいかげんなHとエリート新人Mのコンビが、地球に迫る危機に挑む。監督は『ストレイト・アウタ・コンプトン』などのF・ゲイリー・グレイ。HとMを、『アベンジャーズ』シリーズなどのソー役でおなじみのクリス・ヘムズワース、『クリード』シリーズなどのテッサ・トンプソンが演じる。

〜あらすじ〜
地球に生息している異星人たちの監視と取り締まりを行っている最高秘密機関MIBことメン・イン・ブラックの新人女性エージェントM(テッサ・トンプソン)は、MIBロンドン支部内に潜んでいるとされるスパイの摘発を命じられる。Mは、先輩エージェントのH(クリス・ヘムズワース)と共に任務の遂行にあたるが、スパイ側が仕掛けていた裏工作によってMIBから追われる立場になってしまう。

劇場公開日:2019年6月14日
映画情報:https://www.cinematoday.jp/movie/T0023754
公式サイト:http://meninblack.jp/

#今田美桜 #メンインブラック #MeninBlack

おすすめの記事