★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 大阪府立登美丘高校ダンス部の元キャプテンとして話題となった、女優の伊原六花(いはら・りっか)さんが6月2日、東京都内でセカンド写真集「sau hoa」(東京ニュース通信社)の発売記念イベントを開催し、イベント前に会見した。同写真集はベトナムで撮影し、伊原さんは撮影でも着たというベトナムの民族衣装アオザイを、顔周りに後れ毛を残したアップヘアで着こなしていた。

 アオザイを久しぶりに着たという伊原さんは「写真集の前は、頑張ってその日のためにいろいろ努力したりするんですけど」と撮影前に体作りにいそしんだといい、「(アオザイを)ジャストサイズというか、ぴったりで作ったので、今日入るかなって心配だった」と照れ笑い。「無事に入って良かったなという気持ちと、向こう(ベトナム)で作ってもらって着て撮影した衣装なので、今回またイベントで着られるのがすごくうれしい」と笑顔を見せた。

 お気に入りのページを聞かれると、ピンクの外壁でも知られるダナン大聖堂で撮影した写真を挙げ、「自由に踊っていいよみたいな感じで、クルクル回ったりとか、思ったまま踊っているところを撮ってもらった。すごく自然だし、ピンクの衣装の良さも、大聖堂のピンクの感じも伝わるページ」と話した。

 写真集は、“六花”という自身の名前から「六つの花を探す旅」をテーマにし、ベトナムに咲く花々とともに撮影。ベトナムを代表する観光地やパワースポット、リゾート地、歴史的な趣の街などを舞台に撮影された。人懐っこくて明るく可愛い笑顔やアンニュイな表情など、さまざまな表情の伊原さんが収められている。2778円(税抜き)。

おすすめの記事