★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 放送中のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」に主人公なつの同僚の“モモッチ”こと森田桃代役で出演している女優の伊原六花(いはら・りっか)さんが6月22日、東京都内で行われた主演映画「明治東亰恋伽」(副島宏司監督)の公開記念舞台あいさつに登場。初の主演映画が昨日から公開され、伊原さんは「ついに昨日公開されて、メッセージをいただいたり、感想を見ていて、『皆さんこういうふうに感じてくださったんだな』と感じられてうれしい」とにっこり。「このキャストの皆さんとスタッフの皆さんと一緒にこの作品を作ることができて、本当に幸せだな、と実感しています」と感慨深げに語った。

 舞台あいさつには男性10人組ユニット「BOYS AND MEN」の小林豊さん、松島庄汰さん、とまんさん、山崎大輝さん、高橋真佳把さん、久保田悠来さん、副島監督も出席。今作の内容にちなんで、「もしタイムスリップできるなら?」と聞かれた伊原さんは「過去に行って、今にないおいしい食べ物を食べたいです」と回答。小林さんは「過去は振り返らないタイプなので、未来に行って、背中にずどーんと羽を移植。その時代に堕天使と呼ばれるような天使になりたいです」とユニークな回答で周囲を笑わせていた。

 「明治東亰恋伽」は、ごく普通の女子高生・綾月芽衣(あやづき・めい、伊原さん)が、明治時代にタイムスリップし、森鴎外、泉鏡花、藤田五郎といった歴史上の人物たちと出会い、恋に落ちる……というストーリー。恋愛ゲームが基になっており、アニメや今年4月にはドラマシリーズが放送、配信された。

おすすめの記事