『劇場版パタリロ!』オールナイト上映会に加藤諒、佐奈宏紀、小林顕作監督、原作者の魔夜峰央が登場。
舞台版の2作と劇場版がオールナイトで上映される今イベントの舞台あいさつでは、舞台版との違いや、映画版ならではの注目ポイントにまつわるトークを繰り広げた。

〜見どころ〜
1978年に連載が開始された魔夜峰央のコミックを、2016年の舞台版のスタッフやキャストで映画化。マリネラ王国、宇宙、埼玉県春日部、過去を舞台にしたドタバタ劇が、歌やダンスと共に描かれる。主人公のパタリロは魔夜の原作を基にした映画『翔んで埼玉』にも出演し、舞台版でも主演した加藤諒。青木玄徳、佐奈宏紀、西岡徳馬、哀川翔らが共演している。監督を舞台版の演出を手掛けた小林顕作が務める。

〜あらすじ〜
常春の国マリネラ王国の皇太子パタリロ・ド・マリネール8世(加藤諒)は、側近のタマネギ部隊と一緒に大英帝国を訪問する。パタリロの前に、ボディガードを命じられたバンコラン(青木玄徳)、美少年記者のマライヒ(佐奈宏紀)が現れる。権力争いの渦中にいるパタリロは、命を狙われていた。

劇場公開日:2019年6月28日
映画情報:https://www.cinematoday.jp/movie/T0023997
公式サイト:https://patalliro-themovie.jp/
(C) 魔夜峰央・白泉社/劇場版「パタリロ!」製作委員会 2019

#パタリロ #加藤諒 #魔夜峰央

おすすめの記事