★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 2007年に急逝した坂井泉水さんの音楽ユニット「ZARD」の名曲「揺れる想い」が、23年ぶりに大塚製薬「ポカリスエット」のCMソングに使用されることが6月6日、明らかになった。同曲は1993年にポカリスエットのCMに採用されて、ミリオンセラーになった名曲。新CM「母娘の揺れる想い」編で、母娘を演じる吉田羊さんと鈴木梨央さんがカバーし、CM中で歌を披露している。8日から全国放送される。

 鈴木さんは撮影まで「揺れる想い」を聴いたことがなかったといい、吉田さんに「歌ってみてどうだった?」と聞かれると、「難しかったけれど、熱い曲ですね。サビもカッコいい」と感想を述べた。一方、吉田さんは「26年前にこのCMを見て育った人はキュンとすると思うよ」といい、鈴木さんから「懐かしいみたいな?」と聞かれると、「そう。そのときのことをにわかに思い出すと思うよ。26年前、何してたかなあ」と振り返っていた。

 このほかに、CMの「真夏のカーリング」編、「プールでテニス」編、「恋のささやき」編、楽曲フル尺バージョンも公開された。CMはいずれも水を張る前のプールで撮影され、掃除をしている様子や、テニスの練習している様子、恋バナに花を咲かせる姿などが映し出されている。

おすすめの記事