★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 俳優の松坂桃李さんが6月29日、女優のシム・ウンギョンさんとのダブル主演映画「新聞記者」(藤井道人監督)の公開記念舞台あいさつに、ウンギョンさんや本田翼さんらと登場。内閣情報調査室所属のエリート官僚・杉原を演じた松坂さんは、妻役を演じた本田さんと今作が初共演といい、本田さんは松坂さんについて「静かな方。一緒にいる時間が長かったんですけど、しゃべらなくても平気というか。居心地のいい雰囲気を持っている方」と説明。すかさずウンギョンさんも「私もそう思っています。あまりしゃべっていなくても平気というか、すごくいい俳優さんだと思います」と同意すると、隣で聞いていた松坂さんは「あまり、しゃべりません」と苦笑いで認め、会場の観客を笑わせていた。

 ただ、松坂さんと本田さんはゲームの話で盛り上がったといい、本田さんは「カードゲームをやられているようで。ゲームの話をさせていただきました」と回顧。MCから「そこでお互いの距離が縮まった?」と聞かれると、松坂さんは「そうですね。夫婦の仲はそこでできあがったような感じですね」と冗談めかして明かし、本田さんも「夫婦はそれ(ゲーム)でできております」とうなずいていた。

 舞台あいさつには岡山天音さん、高橋和也さん、北村有起哉さん、藤井監督も出席した。

 映画は、新聞記者の望月衣塑子さんの著書「新聞記者」(角川新書)が原案で、官邸が主導する大学新設計画の真相に迫ろうとする女性記者と、ひそかにメディアを駆使して都合のよいファクトを作り上げようとする官僚たちとの葛藤を描く社会派サスペンス。新聞記者・吉岡をウンギョンさん、内閣情報調査室所属のエリート官僚・杉原を松坂さんが演じている。

おすすめの記事