★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 女優の榮倉奈々さんが6月29日、東京都内で行われた劇場版アニメ「それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫」(矢野博之監督)の公開記念舞台あいさつに、戸田恵子さんらと登場。同作で、アンパンマンたちと出会い成長するバニラ姫の声を担当した榮倉さんは、「大きく成長させてくれた人」を聞かれると「今回は本当に(アンパンマンの声の)戸田恵子さん。アフレコは2日間。1日目を終えて難しくて。ずうずうしくも戸田さんに泣き言のメールをして、的確にアドバイスをいただきました」と明かした。

 アンパンマンが大好きだと公言している榮倉さんから相談を受けた戸田さんが「アンパンマンを愛するが故にという感じで『どうやったら良いでしょうか』っていう思いの丈がメールで来ました。こんなに(役に対して)真面目に考えてくれて、こっちもうれしくなった。悩んでやってくれたから、バニラ姫は榮倉奈々の要素のすべてが詰まっています。バニラ姫の成長と同じように榮倉奈々も成長した」と語ると、榮倉さんは「うれしいです」と笑顔を見せていた。

 同作は原作者のやなせたかしさんの生誕100周年記念作。作品のキーワードは「笑顔」で、アイスの国の姫であるバニラ姫とアンパンマンたちがアイスの国を救うために奮闘する物語が描かれる。公開記念舞台あいさつには、ばいきんまんの声優を務める中尾隆聖さん、ゲスト声優を務めた「ANZEN漫才」のみやぞんさん、あらぽんさん、「アンパンマンのマーチ」を歌う「ドリーミング」の寺田千代さんも出席した。

おすすめの記事