★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 放送中のNHK連続テレビ小説「なつぞら」で話題の俳優、清原翔さんがこのほど、幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催された日本最大級のファッション&音楽イベント「Rakuten GirlsAward(ガールズアワード) 2019 SPRING/SUMMER」に出演。男性ファッション誌「MEN'S NON-NO(メンズノンノ)」(集英社)の専属モデルとして出演後、取材に応じ「ありがたいことに、前よりは少なからず知っていただいているのかな、と思いました」と観客の声援を振り返った。

 この日は、出演する映画「うちの執事が言うことには」(久万真路監督)のステージにも登場し、「(登場は)シークレットだったんですよ。だから『そんなご身分じゃないのに』と僕自身は思っていましたが、映画の告知で歩かせてもらったのは初めて。いい経験をしたなと思いました」と笑顔を見せた。

 同映画のスペシャルメーキング映像で、主演したアイドルグループ「King&Prince」(キンプリ)の永瀬廉(れん)さんと、同グループの曲「シンデレラガール」の振りを踊る姿が話題になった。「ちょうど映画の撮影している時にキンプリがデビューしたので、自然な流れで(ダンスを)習いました。簡単そうに見えて本当に難しいんですよ。映像として踊れた僕が残っているのがうれしい」と言い、「(練習に)20日間くらい。(ダンスは)得意だとは全然思っていない。何なら不得意です」と照れ笑いした。

 「なつぞら」には、ヒロイン・奥原なつ(広瀬すずさん)が幼少の頃に引き取られた、北海道・十勝の柴田家の長男・照男役で出演している。朝ドラでブレークするイケメンも多く、人気の実感を聞くと「人気なのか全然分からないですね。たくさんの方が見ている印象はあるんですが、そのなかで僕の役がどれくらい注目を浴びているかは、僕自身にまではちょっと届いていない」と控えめに語りつつ、「感想はたくさんいただくので、注目してくれている方が増えたのかな」と反響を喜んでいる。

 演じている照男については「本当に可愛げがある感じなので、そこはすごく大事に表現したい。とにかく優しい子なので、愛されるようになったらいいな」「初めに比べたら成長しているなと思うんですが、どこと言われたら分からないな」と笑顔を見せつつ語り、愛着を感じている様子。今後について「ちょこちょこ柴田家も出てくると思うので、お見逃しなく」とアピールしていた。

おすすめの記事