★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 女優の蒼井優さんが6月1日、東京都内で開催された映画「長いお別れ」(中野量太監督、公開中)の公開記念舞台あいさつに出席。演技を習うことなく女優の道を歩み始めたという蒼井さんが「『何か学べるものがないか』と思った時に手にしたのが、山崎(努)さんの書かれた『俳優のノート』という本。10代の最後に一生懸命に線を引きながら学んできた。こうして10年以上の時を経て、やっと大先生と共演できた」と同作で親子役で共演を果たした山崎さんへの思いを吐露。「自分にとって、ものすごく意味のある作品」と感慨深げに語った。

 映画は、直木賞作家の中島京子さんの小説が原作。父、昇平(山崎さん)の70歳の誕生日会。久しぶりに集まった娘たちに告げられたのは、厳格な父が認知症になったという事実だった。日に日に記憶を失っていく昇平の様子に戸惑いながらも向き合うことで、自分自身を見つめ直していく家族たち。そしてある日、家族の誰もが忘れかけていた“いとおしい思い出”が昇平の中に今も息づいていることを知る……という展開。

 舞台あいさつには、蒼井さんのほか、竹内結子さん、松原智恵子さん、北村有起哉さん、蒲田優惟人さん、中野量太監督が登場。山崎さんは欠席だった。

おすすめの記事