★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 俳優のムロツヨシさんが7月18日、東京都内で開催された、映画「ダンスウィズミー」(矢口史靖監督、8月16日公開)のジャパンプレミアに登場。今作は「ウォーターボーイズ」などで知られる矢口監督のミュージカル映画。ムロさんは「僕はミュージカルに3回出ていて、監督に『ミュージカルに出たことあります、歌と踊りできます』と言っているのに、僕が歌って踊るシーンがほとんどないんです。衣装合わせのときから言っているのに、監督はかたくなに目を合わせないんです」と不満を口にした。矢口監督は理由について「えっとね、とくにないです」と答え、ムロさんは苦笑いしていた。

 また、今作で小ずるい調査員渡辺義雄を演じたムロさんは、「クランクインの日に、監督のことを私服で待っていたら、監督が『ムロさん、その服いいですね』と私服が採用されて」と私服で映画のラストシーンに出演したことを明かし、司会から「私服が“小ずるい調査員”だったんですかね」と突っ込まれていた。

 イベントには三吉彩花さん、やしろ優さん、chayさん、三浦貴大さん、宝田明さんも登壇した。

 「ダンスウィズミー」は、矢口監督初挑戦となるミュージカル映画。一流商社で働く静香(三吉さん)はある日、催眠術師に「曲が流れると、歌わずに、踊らずにいられない」という“ミュージカルスターの催眠術”をかけられる。その翌日から静香は、携帯の着信音、電車のホーム音、テレビから流れてくる音、街中で流れるどんな音楽でも歌って踊ってしまうという体になってしまう。術を解いてもらうために催眠術師のもとへ向かうが、そこはもぬけの殻。果たして静香は元の体に戻れるのか……というストーリー。

おすすめの記事