★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 女優の三吉彩花さんが7月18日、東京都内で開催された主演映画「ダンスウィズミー」(矢口史靖監督、8月16日公開)のジャパンプレミアに登場。「ウォーターボーイズ」などで知られる矢口監督の最新作での主演に、三吉さんは「たくさんの方から、期待されていたので、主演を務めるということでプレッシャーに感じました。2カ月ぐらい前からダンスと歌の練習が始まって、スキルが足りていないと、毎日葛藤していましたが、完成して海外で上映されて、いろんな方から評価され、少しずつ自信に変わっていきました」と話していた。

 三吉さんは撮影に当たり、250時間かけて、ダンスと歌を猛特訓。ミュージカルシーンの見どころについて聞かれると、「映画冒頭のオフィスのシーンは華やかで、きらびやかで楽しく、皆さんも踊り出してしまいそうなシーンになっています」と完成作に自信をのぞかせていた。

 イベントにはやしろ優さん、chayさん、三浦貴大さん、ムロツヨシさん、宝田明さん、矢口監督も登場した。

 「ダンスウィズミー」は、矢口監督初挑戦となるミュージカル映画。一流商社で働く静香(三吉さん)はある日、催眠術師に「曲が流れると、歌わずに、踊らずにいられない」という“ミュージカルスターの催眠術”をかけられる。その翌日から静香は、携帯の着信音、電車のホーム音、テレビから流れてくる音、街中で流れるどんな音楽でも歌って踊ってしまうという体になってしまう。術を解いてもらうために催眠術師のもとへ向かうが、そこはもぬけの殻。果たして静香は元の体に戻れるのか……というストーリー。

おすすめの記事