★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 女優の石原さとみさんが7月29日、東京ドーム(東京都文京区)で開催された「サントリー ドリームマッチ2019」の始球式に登場。2014年から6年連続で同大会の始球式に登板した石原さんは、メジャーリーグを含む7球団で投手として活躍した岡島秀樹さんの“ノールック投法”を披露。外角高めに大きく外れたものの、山なりでキャッチャーミットに届くノーバウンド投球となり、観客を沸かせた。

 石原さんは、2009年、2014~2018年も同大会の始球式を務めており、今回が7度目の参加。2015年は元プロ野球選手・村田兆治さん直伝の“マサカリ投法”、2016年は米大リーグで活躍した野茂英雄さんの“トルネード投法”、17年はサブマリン投法、2018年は元横浜ベイスターズの投手だった“ハマの番長”こと三浦大輔さん直伝の“2段モーション”を披露して話題になった。

 この日、ブルーのシャツと黒のパンツ姿で登場した石原さんは、始球式を前に「6年連続ってびっくりしました。小学校1年生がもうすぐ中学生になるくらいの」と苦笑いしつつ、「6年連続とってもうれしいです。今年も筋肉痛になりながら頑張っていますので、温かく見守ってください」と観客に呼びかけた。

 ノーバウンド投球に成功した石原さんは始球式後、「すっごい難しかったです。本当にコントロールが……」と振り返りつつ、「練習しました。ものすごく筋肉痛です」と明かした。また、今回の“ノールック投法”は岡島さんから直接指導を受けたといい、「ブルペンで結構長く、手取り足取り。すごく丁寧に的確に教えてもらい、本当に届くようになった」と話していた。

 「サントリー ドリームマッチ」は、1995年から開催している往年の名選手が集う野球のイベントで、今年で24回目。今年も山本浩二監督が率いる「ザ・プレミアム・モルツ球団」と田尾安志監督が率いる「ドリーム・ヒーローズ(旧東北・ジャパン ヒーローズ)」が対決。「ザ・プレミアム・モルツ球団」は、岩瀬仁紀さん、高橋由伸さん、井端弘和さん、摂津正さん、山口鉄也さん、「ドリーム・ヒーローズ」は、小林雅英さん、岡島秀樹さん、井川慶さん、天谷宗一郎さんが加わった。なお、この日、山本監督は体調不良のため急きょ欠席となり、東尾修さんが「ザ・プレミアム・モルツ球団」の監督を代行した。

おすすめの記事