★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 15歳の新人俳優のYOSHIさんが主演を務め、菅田将暉さん、仲野太賀さんらが共演する映画「タロウのバカ」(大森立嗣監督、9月6日公開)の本予告映像が7月12日、公開された。YOSHIさん、菅田さん、仲野さんが演じる、タロウ、エージ、スギオの3人の少年が、「10代」という一瞬にも永遠にも感じる特殊な時間をもがきながら疾走する姿が描かれている。また、メインビジュアルも公開された。

 「タロウのバカ」は、「日日是好日」「さよなら渓谷」などの大森監督のオリジナル脚本による作品。名前と戸籍がなく、一度も学校に通ったことがない少年タロウ(YOSHIさん)には、エージ(菅田さん)、スギオ(仲野さん)という高校生の仲間がいる。大きな川が流れ、頭上を高速道路が走り、空虚なほどだだっ広い町を、3人はあてどなく走り回り、その奔放な日々に自由を感じている。しかし、偶然一丁の拳銃を手に入れたことをきっかけに、彼らはそれまで目を背けていた過酷な現実に向き合うこととなる……という展開。

 本予告は、「僕、タロウ。僕、学校に行ったことないよ。生まれてから一回も」というタロウのナレーションとともにスタート。いつも独りぼっちのタロウに、高校生のエージとスギオという仲間ができて、人生が動き始める。社会からはじき出された3人の少年は、偶然一丁の拳銃を手に入れる。

 映像の終盤には、「生と死の狭間(はざま)を駆け抜ける 純粋で過激な問題作」のテロップとともに、3人が暴走していく衝撃的なシーンが登場。タロウは、女性に拳銃をつかませ、「撃てよ! 撃てよ!」とわめきちらし、エージは金属棒で何者かを殴りつけて……という内容になっている。

 メインビジュアルは、第1弾ティザービジュアルの覆面を外した3人の姿が写し出されている。タロウの手にはピストル、エージは金属棒を振り上げていて、ただならぬ緊張感と何かが起こりそうな空気感をまとうビジュアルとなっている。

おすすめの記事