★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 モデルで女優の菜々緒さんが7月17日、東京都内で行われた「LISTERINE presents #新時代の美は歯の白さ トークセッション」に出席。年齢とともに変化した美意識についてトークを展開した。

 昨年10月で30歳となった菜々緒さん。20代のうちは「表面的な美を追求していて、髪の毛やメークを意識していた」といい、「30代になってくると内側からきれいになっていかなきゃという意識が強くなってきた。食べ物も血となり肉となるので取り入れるものを大事にしている」と変化を明かした。

 また、令和の時代での「美」について問われると「SNSが発達して世界の方が見られるようになった。それを見ていると、令和の美はジェンダーレスになっているような気がする」と持論を展開。続けて「男性、女性関係なく美を追求している感じがする。私の中で時代が自由になったと思っている。自分らしさ、こだわりをもって美を追求する人たちが多くなっている」と語った。

 イベントでは印象評論家の重太みゆきさんが登壇し、美しい笑顔や歯の見せ方についてレクチャーを行った。悪女役を多く演じてきた菜々緒さんは、人に好印象を与える笑顔を学ぶと「あまり笑う役をやったことがない。もしかしたら、そういう役がくるかもしれない」と新たな役柄のオファーに期待を寄せていた。

おすすめの記事