★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 俳優の高橋一生さんが7月30日、東京都内で行われた電子コミックサービス「コミックシーモア」の新CM発表会に出席した。少年時代から「週刊少年ジャンプ」(集英社)が「もう大好きだった」という高橋さん。人生を変えたマンガは「寄生獣」(岩明均さん)、「ジョジョの奇妙な冒険」(荒木飛呂彦さん)、「ドラゴンボール」(鳥山明さん)だといい、「僕を勇気づけてくれた。改めて読んでも哲学的なことが盛り込まれている」と明かした。

 「少年ジャンプ」に夢中だった頃を「こぞって(発売日の)毎週月曜日に早く売っているところを走って探した。みんなで内容の話をしてましたね」と懐かしそうに回顧。「いまでもドラゴンボールやジョジョは大好き。ドラゴンボールのフリーザ編は随分戦っていましたね。それがすごく興奮する。次に何が起こるのか待っている時間も楽しかった。少年時代から好きなものは変わっていない。大人になって咀嚼(そしゃく)の仕方が変わったりしますが」と語った。

 またマンガが俳優業に「いきてくると思う。コマとコマの間、実際どういう動きをしているのか、自然と想像力が培われている。キャラクターの心情も子供ながらに想像していました」と力説。「マンガがなかったら、お芝居でこうやってみようと機転になることもなかったかもしれない。一つ一つのマンガが自分の血肉になっている」とも付け加えた。

 新CMでは女性に「お疲れ。シーモアする?」と胸元の電子コミックを差し出すという“精霊”を演じている。精霊役に挑戦するのは初めてで、「あんまり押し付けがましくなく、ふと気付いたらそこにいるという距離感をとても大事にした。そういうのをどれだけ上手く表現できるか考えましたね」と話した。7月31日から全国で放送される。

おすすめの記事