★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 公開中のディズニー/ピクサーの劇場版アニメ最新作「トイ・ストーリー4」(ジョシュ・クーリー監督)の特別映像が8月1日、公開された。映像は、劇中に登場するバイクスタントマンの玩具、デューク・カブーンにスポットを当てたもので、デューク・カブーンのおもちゃのCMのナレーションを人気ロックバンド「レッド・ホット・チリ・ペッパーズ」(レッチリ)のベーシストのフリーさんが担当していたり、1982年公開の人気映画「E.T.」(スティーブン・スピルバーグ監督)をオマージュしたシーンが描かれたりと、小ネタが織り込まれている。

 特別映像では冒頭で、デューク・カブーンがバイクに乗り、夜空を飛び回るCMが映し出される。しかし、デュークは、CMではカッコよく飛べるのに、現実ではCMのようにうまく飛べず、すぐに子供に飽きられてしまったことがトラウマになっており、「CMのようには飛べない」とこぼす姿などが収録されている。

 同作は、今回公開された小ネタのほかにも、過去のピクサー作品の隠れキャラやアイテムが100個以上も登場するなど小ネタ満載の作品になっている。

 「トイ・ストーリー」は、ディズニー/ピクサー初の長編アニメとして1作目が1995年に製作。少年アンディのおもちゃたちが、人間の見ていないところで動き回り、大冒険をするというストーリーと、ウッディやバズといったおもちゃたちが生き生きと動くフルCGが話題になり、世界的に大ヒット。1999年に第2弾、2010年に第3弾が製作された。

おすすめの記事