20世紀に活躍した女性指揮者アントニア・ブリコの半生を描く伝記ドラマ。女性は指揮者になれないと言われていた時代に生まれたブリコが、懸命に夢を追う姿を映す。監督と脚本をマリア・ペータースが担当し。クリスタン・デ・ブラーン、ベンジャミン・ウェインライトらが出演する。劇中ではマーラーの「交響曲第4番」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」をはじめとする数々の名曲が使用されている。
作品情報:https://www.cinematoday.jp/movie/T0024286
配給: アルバトロス・フィルム
(C) Shooting Star Filmcompany - 2018
劇場公開:2019年9月20日

おすすめの記事