★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 冨樫義博さんの人気マンガが原作の舞台「幽☆遊☆白書」の会見と公開ゲネプロが8月28日、シアター1010(東京都足立区)で初日公演前に行われた。主人公・浦飯幽助役の崎山つばささんは、見どころを「霊丸を打つシーン」と必殺技を挙げ、「演劇として見てほしい部分もあって、2.5次元の部分とあわせて楽しんでもらえれば。原作を知っている方は懐かしいと思っていただき、初めて見る方は『こんな舞台見たことない』と思ってもらえる」と自信たっぷりにアピール。蔵馬役の鈴木拡樹さんも「新たになっているけれど、懐かしい幽遊白書を届けたい」と話した。

 人気原作の実写化とあって、飛影役の橋本祥平さんは「いろんな現場を経験されている役者さんが多いですが、これほどまでにプレッシャーと緊張を味わった顔合わせは初めて。全員がプレッシャーと戦ってそれを共有してこの場にいることが、僕の中で驚き」と重圧を吐露した。

 「幽☆遊☆白書」はマンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)で1990~94年に連載されたマンガ。事故で死んでしまった浦飯幽助が、霊界探偵としてよみがえり、人間界と霊界の平和を守るため、仲間と共に妖怪と戦う……というストーリー。舞台は原作マンガの序盤が描かれる。同所で8月28日~9月2日、森ノ宮ピロティホール(大阪市中央区)で9月4~8日、ももちパレス(福岡市早良区)で9月10~13日、一宮市民会館(愛知県一宮市)で9月20~22日に上演される。

おすすめの記事