ドラマ「3年A組 −今から皆さんは、人質です−」や、映画『十二人の死にたい子どもたち』の出演で話題の演技派俳優・萩原利久にインタビュー。最新作『アイネクライネナハトムジーク』やプライベートについて語った。

-見どころ-
映画化もされた「重力ピエロ」などの伊坂幸太郎の小説を原作としたラブストーリー。『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』シリーズなどの三浦春馬が劇的な出会いを待つだけの主人公の青年を演じ、さまざまな人物との物語が展開する。監督は『知らない、ふたり』などの今泉力哉。仙台をはじめ宮城県でロケが行われ、共演に多部未華子や原田泰造、貫地谷しほり、お笑いコンビ・サンドウィッチマンの伊達みきお、富澤たけしらが顔をそろえる。

-あらすじ-
マーケティングリサーチ会社で働く佐藤(三浦春馬)は、劇的な出会いをひたすら待っている。ある日、仙台駅前で街頭アンケートを取っていると、多くの人が立ち止まってくれない中で1人の女性(多部未華子)が快く応じてくれた。佐藤は、親友の「出会いなんてどうだっていい、後で自分の幸運に感謝できるのが一番だ」という言葉を思い出す。

作品情報:https://www.cinematoday.jp/movie/T0023059
公式サイト:https://gaga.ne.jp/EinekleineNachtmusik/
(C) 2019「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会
写真:高野広美

#萩原利久 #アイネクライネナハトムジーク #3年A組

おすすめの記事