★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 米女優のアンジェリーナ・ジョリーさんが10月3日、東京都内で開催された主演映画「マレフィセント2」(ヨアヒム・ローニング監督、10月18日公開)のジャパンプレミアに出席した。ジョリーさんの来日は、前作「マレフィセント」でのプロモーション以来、9度目。長男のマドックスさん、長女のザハラさんと一緒にレッドカーペットに登場すると、コスプレに身を包んだファンをはじめ、約1100人が集まった会場から大歓声が上がった。

 ジャパンプレミアには、マレフィセントに仕えるカラスのディアヴァルを演じ、今回、初来日を果たしたサム・ライリーさん、ウド役のMIYAVIさんも出席。笑顔でレッドカーペットを練り歩き、サインや写真撮影に応じるなど熱心なファンサービスで来場者を喜ばせた。

 ステージに上がる際には、映像を駆使して、ジョリーさんの背中にマレフィセントの黒い翼が生えたように見える演出が行われ、会場のファンは「かっこいい!」と熱狂。「私たちみんなの中にマレフィセントはいる」と口火を切ったジョリーさんは、「血がつながっていることだけが、家族のあり方ではない。ダイバーシティを重んじることは、強さでもある。私たちはみんなが一つになれたときこそ、強くなれる。そういったメッセージを込めた」と映画への思いを力強く語った。

 ジョリーさんは「日本が大好き。日本に来て最初にすることは、キデイランドを訪れること」と笑顔を見せると、会場からも笑いが起こるなどイベントは終始、大盛り上がり。最後にジョリーさんは「皆さんの心に響くような作品であったとしたら、再び『マレフィセント』をお届けすることができるかもしれません」とさらなる続編への期待も語り、コスプレをしたファンに向けて「たくさんのマレフィンセトが来てくれた。愛をここからお届けしたい。ありがとう」と温かいメッセージを送っていた。

 「マレフィセント」は、1959年に公開されたディズニーアニメ「眠れる森の美女」に登場するヴィラン・マレフィセントの視点で描くファンタジー作品。続編となる今作は、前作から数年後が舞台。穏やかに暮らすマレフィセント(アンジェリーナさん)とオーロラ姫(エル・ファニングさん)の絆が引き裂かれ、マレフィセントを再び邪悪な存在へと連れ戻そうとする敵が忍び寄る。オーロラ姫の婚礼の日にかけられた“新たなる呪い”を巡り、マレフィセントの“究極の愛”が試される……という物語。

おすすめの記事