★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 女優の大島優子さんと俳優の坂口健太郎さんが出演するボディーケアシリーズ「ミノン」の新CM「なでたくなる」編が10月17日、公開された。2人が出演している人気CMシリーズの第11弾。大島さん、坂口さん演じる結婚4年目の麻子・遼介夫婦がお互いをいたわる「やさしさ」を表現するストーリーで、大島さんが頭を“なでなで”、坂口さんが“頭ポンポン”するシーンが描かれる。

 「ミノン」のCMシリーズは、映画監督・タナダユキさんにより2014年にスタートし、今年で6年目。2人が演じる夫婦の物語が回を重ねるごとに深まっていくロングシリーズで、「なでたくなる」編はこう第11弾。休日の午後、自宅で無意識に首をポリポリと掻いてしまう遼介に気付いた麻子が、微笑みながら遼介の頭を優しくなで、風呂上りには、今度は遼介がやさしく「ありがとう」とつぶやき、お返しにポンポンと麻子の頭をなでる……という展開。

 新CMの見どころについて、大島さんは「思いやりに満ちたところじゃないですかね。仕事でカリカリしている遼ちゃんは心もカサついてるんじゃないかな?って、頭をなでてあげる」と話し、「そこから結婚生活4年目になる2人の関係性がとても仲良く、まだまだ思い合って過ごしてるよっというのが表れていると思います」とコメント。坂口さんも「うーんってなっている時にコーヒーを持ってきてくれて頭をぽんぽんしてくれ、その後、今度は遼ちゃんの方から麻子にぽんぽんってやるのってすごく可愛い夫婦だなと思いました」と語っている。

 また、第12弾の「ひとつじゃない」編も併せて公開。“やさしいミノンの世界”を表現した空間で麻子と遼介が真っすぐとカメラを見つめメッセージを伝えるシリーズ初のストレートトークCMで、新海誠監督の劇場版アニメ「天気の子」のテーマソングを歌ったことでも話題の歌手・三浦透子さんのアカペラ歌唱が使用されている。新CM「なでたくなる」編と「ひとつじゃない」編は、共に10月19日から全国で放送される。

おすすめの記事