★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 タレントで女優の岡田結実さんが、「第32回日本メガネベストドレッサー賞」を受賞し、10月8日に東京都内で行われた表彰式に出席した。岡田さんは、「芸能界部門」で受賞し、「メガネをかけている人は、女性でも男性でも無条件にすてき。小学生の頃に自分もかけてみたくて、目を悪くしなきゃいけないと思って暗闇で本を読んでいた。それを両親に怒られて、伊達(だて)メガネをかけてみなと言われた」とエピソードを明かし、笑いを誘った。

 表彰式後の会見で岡田さんは、メガネを好きになったきっかけを「父がメガネが大好き。仕事の時はかけていないんですけど、普段はかけている。父がかけているのを見て、メガネを好きになった。自分の父ながらイケてるやんと思った」と振り返り、今回の賞を「私が父より先にもらって申し訳ない」と語った。

 「メガネベストドレッサー賞」は、業界関係者からの支持に基づいて選考し、過去1年を通じて「最も輝いていた人」「メガネの最も似合う人」を表彰。岡田さんのほか、「サングラス部門」では男女ユニット「AAA(トリプルエー)」の西島隆弘さんとトリンドル玲奈さん、今後メガネをかけて活躍してほしい人に贈られる「特別賞」をフリーアナウンサーの田中みな実さんが受賞した。

 そのほか、「政界部門」では「日本維新の会」代表で大阪市長の松井一郎さん、「経済界部門」では経済評論家で慶應義塾大学大学院教授の岸博幸さん、「文化界部門」では落語家の立川志らくさんが受賞した。

おすすめの記事