★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 「第6回ドラマ甲子園」受賞作をドラマ化した「受験ゾンビ」の記者発表会が10月4日、東京都内で行われ、主演の玉城ティナさんらが登場。脚本および監督を務めた愛知県在住の高校3年生・伊藤佑里香さんについて、玉城さんは、「今回のお話をいただいたときには『高校生が監督なんだ』って思いましたけど、現場に入っていく中でまったく違和感がなかった。せりふや物語の作り方も自然に入れたので、撮影で困ったこともなく。スムーズに撮影が進んだなと思います」と監督ぶりを絶賛していた。

 今作は、CS放送「フジテレビONE/TWO/NEXT」が主催する高校生を対象にした脚本・演出家才能発掘プロジェクト「第6回ドラマ甲子園」受賞作のドラマ化。会見には、坂東龍汰さん、堀田真由さん、伊藤監督も出席した。

 ドラマは、受験勉強で忙しい夏休み後半のある日、あかり(玉城さん)らは文化祭の準備で学校に集まっていた。一方、補習に来た竜一(中島広稀さん)と真紀(木本花音さん)は、山本(柄本時生さん)がフラフラと歩いている姿を目撃。するとゾンビ化した山本が学校内の生徒、先生を襲い始め、学校はパニックに陥る……というストーリー。

 CS放送「フジテレビTWO ドラマ・アニメ」で10月20日午後11時から放送。動画配信サービス「フジテレビTWOsmart」でも配信される。同日午後10時半からメーキング番組も放送される。

おすすめの記事