★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 大ヒット作「ターミネーター2」(1991年)の正統な続編となるシリーズ最新作「ターミネーター:ニュー・フェイト」(ティム・ミラー監督、11月8日公開)で、T-800役のアーノルド・シュワルツェネッガーさんら主要キャストとミラー監督が来日することが10月16日、分かった。サラ・コナー役のリンダ・ハミルトンさん、グレース役のマッケンジー・デイヴィスさんも来日する。シュワルツェネッガーさんとハミルトンさんという“ターミネーター最強のタッグ”がそろっての来日は、今回が初めて。シュワルツェネッガーさんは2015年以来、4年ぶり。ハミルトンさん、デイヴィスさん、ミラー監督はプロモーションとしての来日は初めてだという。

 また、同作のキャラクター映像も同日、公開された。映像では、T-800とサラ・コナーを紹介。「ターミネーター」(1985年)では、サラを抹殺するために未来から送り込まれてきたT-800だが、「ターミネーター2」では、サラを守るヒーローとして帰ってきた。新作ではT-800がさらに人間らしく進化。映像にはその様子が収められている。サラが、自らターミネーターを探し破壊する“ハンター”へと変わった姿も登場する。

 「ターミネーター:ニュー・フェイト」は、「ターミネーター」「ターミネーター2」を手がけたジェームズ・キャメロン監督、T-800役のシュワルツェネッガーさん、サラ役のハミルトンさんが約30年ぶりに再集結し、「ターミネーター2」のその後の世界を描く。キャメロンさんはプロデューサーとして復帰しており、ジョン・コナー役のエドワード・ファーロングさんが同役で出演することも決定している。

おすすめの記事