『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』の応援上映イベントが開かれ、本作の日本語吹替版ペニーワイズ役を務めた声優・多田野曜平と、大人になった主人公ビル役の声優・細谷佳正が登場。
本作への二人の熱いや感想、収録秘話についてのトークのほか、公開生アフレコも披露した。

〜見どころ〜
作家スティーヴン・キングの原作を実写化したホラー『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の続編。前作から27年後を舞台に、子供の命ばかりを狙うペニーワイズから逃げ延びた面々が新たな戦いを余儀なくされる。『MAMA』などのアンディ・ムスキエティ監督が続投するほか、ドラマシリーズ「ヘムロック・グローヴ」などのビル・スカルスガルドが再びペニーワイズを演じる。27年後のビルとベバリーに、『スプリット』などのジェームズ・マカヴォイ、『ゼロ・ダーク・サーティ』などのジェシカ・チャステインがふんした。

〜あらすじ〜
デリーという田舎町に出没し子供たちの命を奪っていた正体不明のペニーワイズ(ビル・スカルスガルド)を、ビルやベバリーらルーザーズ・クラブのメンバーたちが撃退してから27年後。再びデリーで不可解な連続児童失踪事件が起き、クラブのメンバーにデリーへ帰ってくるように促すメッセージが届く。そしてビル(ジェームズ・マカヴォイ)たちは、デリーに集結し久々に顔を合わせる。

映画情報:https://www.cinematoday.jp/movie/T0024163
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/itthemovie/
(C) 2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

#IT #ペニーワイズ #多田野曜平

おすすめの記事