映画ファンの祭典「第29回 映画祭 TAMA CINEMA FORUM・第11回 TAMA 映画賞」の授賞式が執り行われ、国内外で活躍する監督、役者が勢揃いした。
『愛がなんだ』に出演した岸井ゆきのと、成田凌は「最優秀新進男優賞」と「最優秀新進女優賞」をそれぞれ受賞し、その喜びを語った。

受賞結果は以下の通り

最優秀作品賞
・『嵐電』 (鈴木卓爾監督、及びスタッフ・キャスト一同)
・『長いお別れ』(中野量太監督、及びスタッフ・キャスト一同)
特別賞
・新海誠監督、及びスタッフ・キャスト一同 (『天気の子』)
・藤井道人監督、及びスタッフ・キャスト一同 (『新聞記者』)
最優秀男優賞
・山﨑努 (『長いお別れ』)
・井浦新 (『嵐電』『こはく』『赤い雪』『止められるか、俺たちを』『宮本から君へ』ほか)
最優秀女優賞
・蒼井優 (『長いお別れ』『宮本から君へ』『斬、』『ある船頭の話』『海獣の子供』)
・前田敦子 (『旅のおわり世界のはじまり』『葬式の名人』『町田くんの世界』ほか)
最優秀新進男優賞
・成田凌 (『愛がなんだ』『チワワちゃん』『さよならくちびる』『人間失格 太宰治と 3 人の女』『翔んで埼玉』ほか)
・清水尋也 (『ホットギミック ガールミーツボーイ』『パラレルワールド・ラブストーリー』『貞子』)
最優秀新進女優賞
・岸井ゆきの (『愛がなんだ』『ここは退屈迎えに来て』『ゲキ×シネ「髑髏城の七人」Season 風』)
・シム・ウンギョン (『新聞記者』)
最優秀新進監督賞
・山戸結希監督 (『ホットギミック ガールミーツボーイ』『21 世紀の女の子』)
・奥山大史監督 (『僕はイエス様が嫌い』)

おすすめの記事