★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 俳優の横浜流星さんが、月刊情報誌「日経トレンディ」(日経BP社)が選ぶ「2019年 今年の顔」に選出され、東京都内で11月1日に行われた「2019年ヒット商品ベスト30」発表会に登場。今年を「『初めて恋をした日に読む話(はじこい)』から始まって、すごくたくさんのすてきな作品と人に出会って、たくさんのことを学び、自分にとってターニングポイントになった年。大切な年になりました」と振り返った。

 横浜さんは今年、1月期の連続ドラマ「初めて恋をした日に読む話」でピンクヘアの“ゆりゆり”こと由利匡平を演じ、ブレーク。その後も連続ドラマ「あなたの番です -反撃編-」(日本テレビ系)、「4分間のマリーゴールド」(TBS系)など、話題作に出演している。

 来年について「現状に満足せずもっと上を目指せるように、目の前のことに全力で取り組み、いい作品を見てくださる方に届くよう、役と作品に向き合っていきたいと思います」と抱負を語った。

 発表会には、横浜さんと同じく「2019年 今年の顔」に選出された女優の中条あやみさん、「2020年 来年の顔」に選ばれた俳優の杉野遥亮さん、女優の森七菜さんも出席した。

おすすめの記事