★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 女優の葵わかなさんが11月11日、六本木ヒルズアリーナ(東京都港区)で行われた「六本木ヒルズ けやき坂イルミネーション点灯式」に登場。六本木ヒルズのクリスマスイベント「Roppongi Hills Christmas 2019」のオープニングを飾るイベントで、クリスマスの思い出を聞かれた葵さんは「クリスマスは毎年必ず実家に帰って家族全員でディナーをするのが我が家のお決まり」と明かし、「今は東京に住んでいますが、今年もそういうふうに過ごしたい」と笑顔で語っていた。

 「けやき坂イルミネーション」は、約70万灯の青色と白色のLEDを使った「SNOW&BLUE」が「六本木けやき坂通り」を彩る催しで、今年で17回目。葵さんは「今年も聖なる夜を六本木ヒルズで。メリークリスマス!」というかけ声でイルミネーションに明かりをともした。

 葵さんは「このイルミネーションがつくと、いよいよ今年も年末だなというか。今年もホリデーシーズンに向かっていくという印象がある。それを今回まさか自分が点灯できるなんて…すごくうれしい」と大役を務めたことを喜び、「けやき坂はすごく道が長い。(ランプ)一つ一つは小さいけど長く連なると光の道のようにきれいで、とてもすてき」とうっとり。けやき坂の長さが400メートルあることを聞くと、「400メートル走と一緒ですね(笑い)」と話していた。

 同イルミネーションは12月25日までの期間、午後7時~午後11時に点灯する。

おすすめの記事