★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 モデルで女優の馬場ふみかさんが11月17日、福家書店新宿サブナード店(東京都新宿区)で初の紀行本「ばばたび」(集英社)の発売記念イベントを開催した。イベント前の会見で紀行本の自己採点を聞かれた馬場さんは「80点」と答え、理由について、「今作りたかった一番いい形で発売できたと思いますが、これからも仕事でいろんなところに旅に行くだろう、それをこれからも形にしていき、もっともっといいものが作れたらいいなと期待を込めて、マイナス20点で80点にします」と話し、次回作への意欲を見せた。

 撮影は豪州のケアンズとメルボルンの2都市で行われたが、馬場さんは「とにかくコアラに会いたかった、コアラを抱きたかった」と話し、実際にコアラを抱いた写真も掲載されており、「思ったより毛が柔らかくて、すごく温かかった。重みも赤ちゃんを抱いているような気持ちになった」と笑顔を浮かべていた。

 おしゃれな水着姿も披露しているが、「今回は女子旅がテーマ。実際に男の子と一緒に海とかプールに行くならこれは着ないとかありますが、女の子とだったら、よりおしゃれな、女の子に『それ可愛いね!』って言ってもらえるような水着が着られるかなと思って。おしゃれで攻めたキラキラなものとかを選びました」と選定の理由を明かした。

 また同書には馬場さんがインタビューに答える形で語ったページもあり、「グラビアデビューしてからずっとお仕事させていただいているスタッフさんとしゃべっていたので、結構フランクな“普段の馬場ふみか”のしゃべり言葉で。そのまま文面になると結構きついというか、そっけない感じに……」と苦笑い。「そのままにするか、でもちょっと直すか相談して、ちょうどいいところを探しました(笑い)。でも案外そっけない感じになっています」と笑顔で語っていた。

 「馬場ふみか ばばたび」はA5判、ソフトカバー、128ページで価格は1600円(税抜き)。

おすすめの記事