★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 女優ののんさんが12月21日、東京都内で行われた劇場版アニメ「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」(片渕須直監督)の公開記念舞台あいさつに登場。約3年ぶりにすずの声を演じたのんさんは、現在の気持ちを聞かれると「シーンが付け足されて、また新作として送り出すという、ほかにない経験をさせていただいて。とても喜びに満ちています」と笑顔。「(企画が始動してから)9年も一つの作品に力を注いで、まっすぐに作っていく、このすごい執念の……監督の作品に参加できたのがすごく誇らしくて、一生忘れないなと思っています」と感慨深い表情で語った。

 昨日公開を迎え、のんさんが「本当にうれしいですね。まさか3年も年月がたつとは思わなかったんですけど……」と率直な心境を吐露すると、すずの夫・北條周作の声を務めた細谷佳正さんも「本当に、そんなに待つとは思わなかったですよね」と同意。片渕監督は「みなさんに声を入れていただいてからも、絵を作る作業がたくさんあって……いつ終わるんだろうなと思っていたんですが。とうとうこうやってみんなと一緒にみなさんの前に並ぶことができました」としみじみと語った。

 舞台あいさつには尾身美詞さん、潘めぐみさん、岩井七世さん、新谷真弓さん、牛山茂さんも出席した。

 「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」は、2016年公開の「この世界の片隅に」に新規カットを加えた新作。「この世界の片隅に」は、「漫画アクション」(双葉社)で連載され、2009年に「文化庁メディア芸術祭」のマンガ部門優秀賞を受賞したこうの史代さんのマンガが原作で、戦時中、広島・呉に嫁いだ18歳のすずの生活が、戦争の激化によって崩れていく様子が描かれた。劇場版アニメは2016年11月に公開され、異例のヒットを記録。日本アカデミー賞で最優秀アニメーション作品賞に選ばれたほか、アヌシー国際アニメーション映画祭で長編部門審査員賞を受賞した。

おすすめの記事