“ジオウ”奥野壮、“ゼロワン”高橋文哉に“先輩風”?ちゃめっ気たっぷりに… 「仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション」完成報告イベント

★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 特撮ドラマ「仮面ライダー」シリーズの映画最新作「仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション」(12月21日公開)の完成報告イベントが12月16日、東京都内で行われ、「仮面ライダーゼロワン」に出演する高橋文哉さん、「仮面ライダージオウ」に出演した奥野壮さんらが登場した。撮影現場で印象に残っていることを聞かれた高橋さんは、「ジオウ、ゲイツ、ウォズの同時変身をカメラ横で見させてもらいましたは、こんな一発でそろうものなんだと感じた」と驚いたことを明かし、「打ち合わせもなく『変身』の声がそろったときは鳥肌が立ちました」と回顧。奥野さんは、「変身は僕以外の2人が僕に合わせてくれているので何とも言えない(笑い)。安心していつも変身しています」と話した。

 高橋さんは“先輩”仮面ライダーとの映画について、「1年間やられてきた貫禄や、一緒に映画をやらせていただけなかったら感じなかった雰囲気を感じた。そこはすごいなと思う」とコメント。「1年後に僕たちがジオウチームの方たちのような雰囲気や貫禄を出せる可能性が、今僕らにはある、今そのスタート地点に立たせてもらっているというのを実感できましたし、教えていただきました」と感謝した。

 そんな高橋さんはMCから共演エピソードを聞かれると、奥野さんが、「あれは言った方がいいんじゃない? ご飯連れてってもらったこと」とちゃめっ気たっぷりに提案。すると高橋さんは、「お、奥野さんにご飯を誘っていただいて……」と思わず言葉に詰まるも、「僕がメークを落としたり私服に着替えたりという時間を待っていただき、ご飯に誘ってくださった。芝居の話やプライベートの話をご飯を食べながらして、しっかり“先輩風”吹かせていました(笑い)」と反撃し、観客を笑わせていた。

 イベントには、「仮面ライダーゼロワン」から岡田龍太郎さん、鶴嶋乃愛さん、井桁弘恵さん、「仮面ライダージオウ」から押田岳さん、大幡しえりさん、映画ゲストの生駒里奈さん、和田聰宏さんも出席。劇中に登場する仮面ライダー1型も登壇した。

 「仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション」は、冬の仮面ライダー映画シリーズの新作で、キャッチコピーは「ジオウ、終幕の日。」「ゼロワン、誕生の日。」「決して、交わってはならない」。タイムジャッカーのフィーニス(生駒さん)の歴史改変により、12年前に起きた爆発事故「デイブレイク」以降、ヒューマギアが人間が支配する世界を舞台に、「仮面ライダーゼロワン」の主人公・或人(高橋さん)は、父でヒューマギアの其雄(山本耕史さん)と出会い、ゼロワン誕生の秘密に迫っていく……というストーリー。

おすすめの記事