★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 新幹線がロボットに変形するテレビアニメ「新幹線変形ロボ シンカリオン」の劇場版「新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X」(池添隆博監督)の公開初日舞台あいさつが12月27日、東京都内で行われ、主人公・速杉ハヤト役の佐倉綾音さん、池添監督が登場した。イベントでは、同作に登場する大門山ツラヌキの「オレの好きな四文字熟語は……!」というせりふにちなみ、それぞれが好きな四文字熟語を披露。佐倉さんは直筆で「未来永劫」と書いた紙を見せ、「間違いなく、未来永劫『シンカリオン』が続いていきますように」と思いを語った。

 年末に一足早い“書き初め”を披露することになった佐倉さんは、「俺の好きな四文字熟語は、未来永劫」といって、好きな四文字熟語を披露。報道陣に向かって「ニュースにしてくださいね。しょうもない見出しばかり書いている場合じゃないですよ」と辛口コメントをして、観客の笑いを誘った。また、池添監督は、「天上天下」という四文字熟語の“書き初め”を披露した。

 この日、佐倉さんは、自身が演じるハヤトが乗る「シンカリオン E5はやぶさ」のカラーであるエメラルドグリーンのワンピース姿で登場。会場に集まった子供たちに「はやぶさお姉さんでやってきました」と笑顔を見せた。

 「新幹線変形ロボ シンカリオン」は、ジェイアール東日本企画、小学館集英社プロダクション、タカラトミーのコンテンツ。アニメは、新幹線変形ロボ・シンカリオンが日本の未来を守るため、戦う姿を描いている。テレビアニメが2018年1月~2019年6月に放送された。

おすすめの記事