後藤久美子、今年は「大変でもあり、楽しくもあり」 女優復帰の「男はつらいよ」公開直前で感無量

★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 女優の後藤久美子さんが12月19日、東京都内で行われた映画「男はつらいよ お帰り 寅さん」(山田洋次監督、12月27日公開)のプレミア試写会で行われた舞台あいさつに共演者らと登場。舞台あいさつ前に取材に応じ、今作で女優復帰した後藤さんは、この1年を「あっという間に過ぎた1年でした。大変でもあり、楽しくもあり。撮影を終えてから1年以上たったというのが信じられない感覚です」と振り返った。

 また「大それた仕事をしたわけではないですが、この作品に参加できて、そしてやっと公開になる。とてもうれしい気持ちでいっぱい」と感無量の様子で話した。

 映画上映後に行われた舞台あいさつでは「すでにご覧になった方たちにあいさつをするのは初めてで、戸惑っています」と話しつつ、「この作品は、人間が得られる、ありとあらゆる感情を引き出してくれる映画だと思っています。いまみなさんがポカポカと温かい気持ちでいらっしゃることを願います」と観客に語り掛けた。

 この日は倍賞千恵子さん、吉岡秀隆さん、前田吟さん、池脇千鶴さん、桜田ひよりさん、夏木マリさん、山田洋次監督らも登場した。

 「男はつらいよ」は、渥美清さんが演じる「フーテンの寅」こと車寅次郎が主人公の人情喜劇で、1969年8月の第1作の公開から2019年で50周年を迎えた。今作は1997年公開の「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別編」以来、22年ぶりの新作で、これまでの作品を織り交ぜて製作された。

 今作の物語は諏訪満男(吉岡さん)の妻の七回忌の法要から始まる。小説家になった満男がサイン会を行っていると、その列に初恋の人でかつて結婚を約束した及川泉(後藤さん)の姿があり、ぼうぜんとなる……という展開。

おすすめの記事