成田凌が周防正行監督と共に映画『カツベン!』外国特派員協会記者会見に登場。会見では、成田が本作を観たばかりの外国人記者を前に、周防監督をして「プロ級」といわしめるほど鍛え上げられたその活弁の一節を生披露した。

〜見どころ〜
『それでもボクはやってない』などの周防正行監督が、映画が「活動写真」と呼ばれていた時代に独自のしゃべりで観客を沸かせた「活動弁士」を主人公に据えた青春活劇。約100年前を舞台に、活動弁士を目指す青年と彼を取り巻く人々を描く。主演を『ニワトリ★スター』などの成田凌、ヒロインを『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』などの黒島結菜が務める。共演には永瀬正敏、高良健吾、井上真央、竹中直人、小日向文世、竹野内豊らが名を連ねる。

〜あらすじ〜
偽の活動弁士として泥棒一味の片棒を担ぐ生活にウンザリしていた染谷俊太郎(成田凌)は一味から逃亡し、とある町の映画館にたどり着く。そこで働くことになった染谷は、今度こそ本当の活動弁士になることができるとワクワクするが、そこは館主夫妻(竹中直人、渡辺えり)をはじめ、スターを気取る弁士の茂木貴之(高良健吾)や酒好き弁士の山岡秋聲(永瀬正敏)などくせ者ばかりだった。

作品情報:https://www.cinematoday.jp/movie/T0023486
公式サイト:http://www.katsuben.jp/
(C) 2019「カツベン!」製作委員会

おすすめの記事