『アニエスによるヴァルダ』
「ヌーベルバーグの祖母」と称されるアニエス・ヴァルダ監督の遺作で、自身の60年以上にわたる創作の足跡をたどるドキュメンタリー。1954年に監督デビューして以来『幸福(しあわせ)』や『冬の旅』などが国際的に評価され、本作完成後に90歳で亡くなったヴァルダ監督が、豊富なフッテージや自らのナレーションで作品を振り返る。
作品情報:https://www.cinematoday.jp/movie/T0024845
配給: ザジフィルムズ
公式サイト:http://www.zaziefilms.com/agnesvarda/
(C) 2019 Cine Tamaris - Arte France - HBB26 - Scarlett Production - MK2 films
劇場公開:2019年12月21日

『ラ・ポワント・クールト』
写真家としてキャリアをスタートしたアニエス・ヴァルダがメガホンを取り、ヌーベルバーグの先駆けとなったデビュー作。南仏の小さな漁村を舞台に、危機的な状況を迎えた夫婦と漁村の住人たちの物語を交互に映し出す。『ニュー・シネマ・パラダイス』などのフィリップ・ノワレ、『双頭の鷲』などのシルヴィア・モンフォールが夫婦を演じた。
作品情報:https://www.cinematoday.jp/movie/T0024846
配給: ザジフィルムズ
公式サイト:http://www.zaziefilms.com/agnesvarda/
(C) 1994 AGNES VARDA ET ENFANTS
劇場公開:2019年12月21日

『ダゲール街の人々』
『5時から7時までのクレオ』などのアニエス・ヴァルダ監督が手掛けたドキュメンタリー。彼女の生活圏内だったダゲール街を背景に、約630メートルの通りで暮らす人々の日常を映す。登場するのは、パン屋、肉屋、時計屋の店主、美容師、街角のカフェで芸を披露する奇術師ら。
作品情報:https://www.cinematoday.jp/movie/T0024847
配給: ザジフィルムズ
公式サイト:http://www.zaziefilms.com/agnesvarda/
(C) 1994 agnes varda et enfants
劇場公開:2019年12月21日

おすすめの記事