★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 女優の蒼井優さんが12月18日、映画「ロマンスドール」(タナダユキ監督、2020年1月24日公開)の完成披露試写会に登場。映画の「妻を愛して“嘘”をついた。夫を愛して“秘密”を持った。」というキャッチコピーにちなみ、今年を振り返っての秘密や小さなうそを聞かれると「ないかもしれない。わりと正直に生きた1年だった気がしていますけど……たぶん勘違いでしょうけど」と答えつつ、「息をするようにうそをついてきたかもしれませんが……自覚としては本当にないですね」と明かしていた。

 完成披露試写会には主演の高橋一生さん、三浦透子さん、きたろうさん、タナダ監督も出席。同じ質問に答えようとした高橋さんは、きたろうさんから「恋人がいるんじゃないの?」とツッコまれると、「恋人は今ね、本当にいないんですよ。本当に困りますよ。いつできるんですかね」と真顔で回答。きたろうさんは「急に落ちるよ、恋に。この映画みたいに」と返して笑わせていた。

 映画は、2008年に雑誌「ダ・ヴィンチ」(KADOKAWA)で連載されたタナダ監督の小説が原作。ラブドール職人の北村哲雄(高橋さん)と、彼が一目で恋に落ち結婚した妻、園子(蒼井さん)との日々を描いたラブストーリーで、脚本もタナダ監督が担当。高橋さんと蒼井さんは約18年ぶりの共演で、初の夫婦役を演じている。

 美人で気立てのいい園子に一目ぼれして結婚した哲雄が、彼女にずっと隠し続けている仕事、それはラブドール職人としてドールを作っていることだった。哲雄は仕事にのめり込み、恋焦がれて結婚したはずの園子とは次第にセックスレスになっていた。いよいよ夫婦の危機かと思った時、園子は胸の中に抱えていた秘密を打ち明け……というストーリー。

おすすめの記事