女優の佐久間由衣が7日、都内で行われた映画『“隠れビッチ”やってました。』公開記念舞台あいさつに登壇し、三木康一郎監督の厳しい演出により、思わず涙したことを明かした。この日は、大後寿々花、小関裕太、森山未來、三木監督も来場した。

映画初主演を務めた佐久間は、満席の会場を見渡しつつ、「いやぁ、とても吐きそうです」とかわいく訴えるが、「主演映画が『“隠れビッチ”やってました。』でよかったと心から思っています」と喜びのコメントも口にした。

しかし、撮影はなかなかハードで、三木監督からは「演出面では細かいことや、何回も違うと言われていました」と明かし、ひろみが彩(大後)の部屋に殴り込みに行くシーンでは、部屋のドアの開ける幅や締める時にかける時間などを細かく決められたものの、「何回もやったけどできなくてパニックになって、なんとかOKだったけど、撮影が終わってから移動車に戻って泣きました」と打ち明けた。とはいえ、泣いたあとは「スッキリした」そうで、「次のシーンのために気持ち切り替えてやった日々でした」と撮影全体を振り返っていた。

〜見どころ〜
イラストレーターのあらいぴろよの実体験に基づくコミックエッセイを映画化。清楚を装いながら戦略的に男をその気にさせる“隠れビッチ”のヒロインの成長を描く。ドラマ「時空探偵おゆう 大江戸科学捜査」などの佐久間由衣がヒロインを演じ、村上虹郎、大後寿々花、森山未來らが共演。『旅猫リポート』などの三木康一郎がメガホンを取った。

〜あらすじ〜
異性から認められたい欲求の強いひろみ(佐久間由衣)は、相手の気持ちをもてあそぶ恋愛を楽しんできた。一見清楚だが、計算されたしぐさと会話で男性を落とすハンターぶりから、シェアハウス仲間の彩(大後寿々花)に“隠れビッチ”と命名される。しかし、同じ職場に気になる相手が現れ、ひろみは自らの本心と向き合う。

作品情報:https://www.cinematoday.jp/movie/T0023845
公式サイト:http://kakurebitch.jp/
(C) 2019『“隠れビッチ”やってました。』フィルムパートナーズ/光文社

#佐久間由衣 #隠れビッチ

おすすめの記事