★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 人気SF映画「スター・ウォーズ」シリーズの完結編「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」(J・J・エイブラムス監督、12月20日公開)の来日記者会見が12月12日、東京都内で行われ、エイブラムス監督らが登場。親日家として知られるエイブラムス監督が、今作における日本文化からの影響について語った。

 本シリーズには「タコダノ」という惑星が登場するが、エイブラムス監督は「初めて日本に来た時、ユースホステルがあった場所」が東京・高田馬場だったことを明かし、「今回の作品の中では(アダム・ドライバーさん演じる)カイロ・レンの仮面が割れる場面で、『金継ぎ』という技術を使って直すなどしています。欠陥があっても隠さず、修復するという意味があるんです」と説明。

 また「『レン騎士団』というのが出てくるのですが、かなり黒澤(明監督の)映画から影響を受けておりますし、私の友人の(現代美術家の)村上隆さんも作品に出ています。いろいろなデザイン、友達がバックにちょっと出ているなど、日本のスピリットは大事にしています」と語った。

 会見にはレイ役のデイジー・リドリーさんやフィン役のジョン・ボイエガさん、ポー役のオスカー・アイザックさん、C-3PO役のアンソニー・ダニエルズさん、プロデューサーのキャスリーン・ケネディさん、脚本のクリス・テリオさんも出席。

 「スカイウォーカーの夜明け」は、「新たなる希望」から続くシリーズに幕を下ろす作品。祖父ダース・ベイダーの遺志を受け継ぎ、銀河の圧倒的支配者となったカイロ・レン、伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの思いを引き継ぎ、フォースの力を覚醒させたレイたちの活躍が描かれる。

おすすめの記事