★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 アニメやマンガ、ゲームといった空想の世界に存在する建造物を実際に建設する時の工期や工費を建設会社が実際に検討した実話を基にした映画「前田建設ファンタジー営業部」(英勉監督、1月31日)の特別映像が1月24日、公開された。

 映画の舞台は、2003年、バブル崩壊後の建設業界。ある日、アニメ「マジンガーZ」の出撃シーンで目にする地下格納庫兼プールを、「『現状の技術および材料で建設するとしたらどうなるのか?』とマジンガーZが格納されている光子力研究所の所長・弓教授から発注を受けた、という設定で検証するウェブ連載をしよう!」と、広報グループ長が提案する。広報グループの若手社員、土井航(高杉真宙さん)は、いやいやながらプロジェクトに携わっていくうちに、社内外の技術者たちの熱意、架空のものに対してどこまでも真剣に向き合う姿を目の当たりにして、意味のないことだと思っていた業務に本気で取り組んでいくというストーリー。

 総合建設会社の前田建設工業(東京都千代田区)の実話が原作で、脚本は「夜は短し歩けよ乙女」などのヨーロッパ企画代表の上田誠さん。共演として、上地雄輔さん、岸井ゆきのさん、本多力さん、「おぎやはぎ」の小木博明さん、町田啓太さん、六角精児さんも出演する。

おすすめの記事