★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 俳優の吉沢亮さんが3月20日、東京都内で行われた映画「一度死んでみた」(浜崎慎治監督)のイベント「公開初日記念ミサ」に登場した。タイトルにちなんで、死んだふりをしたくなるほど恥ずかしかったことを聞かれた吉沢さんは、「撮影で、でんでんさんが演じる中華屋の店長を僕が羽交い締めにして止めるシーンで、でんでんさんの力が強すぎて引きずられたので、思いっきり締めたらすごい勢いでおならが出て。それがプーみたいな可愛いのではなくて、バイクのコール切っている(アクセルをふかす)みたいな『ブーン!』という爆裂音みたいなおならが出て(笑い)」と“笑撃”の告白をした。

 吉沢さんは「恥ずかしいなと思っていたら、カットがかかっても、でんでんさんが(おならに)触れてこない。気を使ってくださって、聞こえているはずなのになかったことにしてくれようとして。それが逆に恥ずかしかった。いじってくれたほうが僕的にはありがたかった」と振り返った。聞いていた小澤征悦さんは「でんでんさん、自分だと思ったんじゃないの。それで何も触れなかったんじゃないのかな」と話し、周囲を笑わせた。

 この日は広瀬すずさん、堤真一さん、リリー・フランキーさん、木村多江さん、浜崎監督も出席した。

 映画は、デスメタルバンド「魂ズ」のボーカルである女子大生の七瀬(広瀬さん)は、父の計(堤さん)が大嫌いな“反抗期こじらせ女子”。ライブで「一度死んでくれ!」と計への不満をシャウトしていたある日、計が突然死んだという知らせが。実は「2日間だけ死んじゃう薬」を飲んだためで、計は仮死状態になっていた。2日後に生き返るはずが、彼をそのまま亡き者にしようというライバル会社の陰謀により、生き返る前に火葬されてしまいそうに。大嫌いだった父の絶体絶命のピンチに直面した七瀬は、計の部下の松岡(吉沢さん)と共に計を生き返らせようと奔走(ほんそう)する……というストーリー。

おすすめの記事