★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 女優の広瀬すずさんが3月10日、東京都内で行われた主演映画「一度死んでみた」(浜崎慎治監督、20日公開)の「大ヒット祈願ミサ」と題したイベントに登場した。シンプルなミニワンピですらりとした脚を見せ、華やかなレースのリボンパンプスで大人っぽさをプラスした装いだった。

 ワンピースは胸元と袖口のフリルがさりげないアクセントになった、ノースリーブタイプ。白いシャツ、存在感のあるネックレスとリング、赤いネイルを合わせて着こなしていた。

 映画は、広瀬さんが初めてコメディーに挑戦した作品。広瀬さんはデスメタルバンド「魂ズ」のボーカルで父親が大嫌いな“反抗期こじらせ女子”の七瀬を演じている。七瀬が大嫌いだった父・計(堤真一さん)の絶体絶命のピンチに直面し、計の部下の松岡(吉沢亮さん)と共に奔走する……というストーリー。

 この日のイベントには吉沢さん、堤さん、浜崎監督も出席した。

おすすめの記事