★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 俳優の成田凌さんと女優の波瑠さんが3月3日、東京大神宮(東京都千代田区)で行われた映画「弥生、三月 -君を愛した30年-」(遊川和彦監督、3月20日公開)の大ヒット祈願イベントに登場した。

 イベントを行った東京大神宮が“縁結びの神様”として知られていることから、理想のデートの話題になると、波瑠さんは「定番ですけど、映画を見に行くのが好きなので。今だったらもうちょっとしたら『弥生、三月』を見に行くようなデートがいいかなと思います(笑い)」とさりげなくアピール。

 成田さんは「お互いの好きなことを順番にやったらいいなとは思う。例えば運動が好きな相手だったらジャージーを買いに行くところからスタートしたり、僕だったら写真を撮るのが好きなのでカメラ屋に行ったりとか」といい、「お互いのわがままを聞くというのを一回ずつやって、お互い好きなことが一緒だったら楽しいだろうなって。“わがままデート”をしてみたい」と思いをはせていた。

 「弥生、三月-君を愛した30年-」は、ある年の3月1日、3月2日、3月3日など“30年間におよぶ3月のある1日”が舞台。昭和、平成、令和と、運命に翻弄(ほんろう)されながら愛をつむぐ2人の半生を描くオリジナル作品。連続ドラマ「家政婦のミタ」「同期のサクラ」(いずれも日本テレビ系)などで知られる脚本家の遊川さんが監督を務めている。

 1986年3月1日、運命的に出会った結城弥生(波瑠さん)と山田太郎(通称サンタ、成田さん)は互いに引かれ合いながらも、親友・サクラ(杉咲花さん)を病気で亡くしたことで互いに思いを伝えられず、別々の人生を歩む。2人共、子供のころに描いた夢に挑み、結婚相手を見つけ……。しかし人生は順風満帆ではなく、離婚や災害に巻き込まれるなどして、配偶者を亡くし、希望を見失い、人生のどん底に突き落とされていたとき、30年の年月を超えて亡き友サクラからのメッセージが届く……というストーリー。

おすすめの記事