★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 女優の波瑠さんが3月11日、東京都内で行われたプレイステーション4(PS4)向けアクションゲーム「仁王2」(コーエーテクモゲームス)の完成発表会に登場。前作「仁王」もプレーしているという波瑠さんは、普段からゲームをしているかと聞かれると「しますね。忙しくなければ“日課”です」と即答。「ゲーム友達は、こういう仕事をしている人もいれば全然違う仕事をしている人もいて、スイッチを入れれば『誰が今このゲームで遊んでいるか』が分かる。仕事終わりに仲間が絶対にいるバーに行く、という感じのことをゲームでやっている感覚です」とゲーマーぶりを明かしていた。

 波瑠さんは、「仁王2」にオリジナルキャラクターの妖怪ハンター「無明(むみょう)」役で出演。ゲームの仕事の経験はあまりなかったという波留さんは「ゲームってテレビや映画よりもすごく世界観があるものなので、それを私のこの顔面が壊してしまわないかな、という不安もありました」と出演の胸中を吐露。ただ、「(声の)収録ではいろんな新しい体験があって、新鮮で楽しかったです」と笑顔で振り返っていた。
 
 「仁王」(PS4、PC)は賊(ぞく)がはびこり妖怪たちがうごめく「戦国時代」を舞台に、実在の人物「三浦按針」をモチーフにした金髪碧眼(へきがん)のサムライ、ウィリアムが活躍するダーク戦国アクションゲーム。全世界での累計出荷本数は300万本を突破している。「仁王2」はその続編で、前作のコンセプト「戦国死にゲー」に加えて「妖怪」のエッセンスを強化。「半妖」である主人公となり「侍」と「妖怪」の2つの力を使って戦国乱世で戦う。価格は通常版がパッケージ版、ダウンロード版ともに7800円(税抜き)、デラックス版はダウンロード版のみで1万800円(同)。3月12日発売。

おすすめの記事