★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 女優の黒木華さんが3月24日、東京都内で行われた映画「甘いお酒でうがい」(大九明子監督、4月10日公開)の大ヒット祈願イベントに、主演を務める松雪泰子さん、共演の清水尋也さんと共に出席した。

 松雪さん演じる40代独身で派遣社員の主人公・川嶋佳子の後輩で同僚・若林ちゃんを演じた黒木さん。この日は黒髪ショートの髪形に、淡いピンクのワンピース姿で登場し、役作りで意識したことを聞かれると、「私の邪気が見えないように(笑い)」と答え、「大げさな動きとかあるのですが、わざとらしく見えないようにするにはどうすればいいのかなとか考えました」と明かすと、松雪さんは「天使でした」と黒木さんの演技を絶賛していた。

 「甘いお酒でうがい」は、お笑いコンビ「シソンヌ」のじろうさんが、長年コントで演じてきた中年の女性会社員「川嶋佳子」が日記を書いたなら……と想定して書いた同名小説が原作。脚本はじろうさん自ら手がけ、映画「美人が婚活してみたら」に続いて大九監督とタッグを組んだ。

 若林ちゃんとの共通点を聞かれると、黒木さんは「最近、人見知りをあまりしなくなったので、距離感をきちんとつかめるところは似ているかなと思います。ちょっとミスしちゃうところは似ているかもしれない」と回答。「(若林ちゃんは)嫌なことがあってもよし頑張ろうとなれる子。(自分は)そういうところは後ろ向きなところがあるので、まねしたいですね」と話していた。

 そんな黒木さんだが、清水さんから「(イベント前に舞台)袖で『緊張してきた』と言ったら(黒木さんが)『背中をパンってたたいてもらうと気合が入るのでは?』って。松雪さんは静かだけど突き抜ける感じでたたいてくれたのですが、黒木さんは『音が立つとアレだから……』と言いつつ結構、強めにバーンって(笑い)。若林ちゃんみたいなパワフルさを感じた」と暴露され、照れ笑いしていた。

おすすめの記事